サイトメニュー

その種類を知る

医者

適切な治療を受ける

いぼの治療を行う時はその種類と原因を特定する必要があり、その原因はウイルス感染が多いです。皮膚の免疫が落ちていると、いぼが発生しやすくなります。アトピー性皮膚炎や湿疹のある人は注意する必要もあります。手足にできるタイプはたこやうおのめとの判別が難しい場合もあります。こうしたタイプは液体窒素を使用して取り除くことができます。軟膏の外用も併用すると、より効果的です。加齢に伴って老人性のいぼが発生します。こうしたタイプは顔や手や足など、様々な箇所に出現します。いぼの除去法としてポピュラーなのが液体窒素による冷凍凝固で、患部を液体窒素で凍結します。この治療法は冷たさと痛みを伴う特徴があり、費用な回数も個人差があります。時には数十回に及ぶ場合もあり、長期的な治療を想定することもあります。冷凍凝固は週に1回くらい行いますが、治療後のケアは必要ないです。治療法として冷凍凝固の他に切除する場合もあり、その際に局所麻酔を使用します。こうした切除を行っても時には再発しますが、かなりそのサイズを縮めることが可能です。切除は数年にわたって改善しない場合に行います。いぼの治療は一筋縄でいかない場合も多いので、保険外治療を行うこともあります。保険外治療の例として、局所免疫療法やビタミンD外用などがあります。薬剤による腐食などの治療が行われる場合もあります。保険外治療と保険治療は同時に行えないので、その点は意識する必要があります。治療法に関する疑問は、治療前のカウンセリングで解決できます。いぼの治療としてポピュラーな冷凍凝固法は進化していて、スプレー機器を使用するのも可能です。スプレー機器を使用すると、素早くたくさん凍らせられるのでより効果が高いです。綿棒を液体窒素に注いだカップに浸して患部に当てるが従来の方法です。切除する際に病院を選ぶ時は、治療法に関する情報を得ると効果的です。炭酸ガスレーザーは一瞬で治療が可能です。メスを使用しないので、傷跡を残さない利点もあります。レーザー治療ではトラブルがあるポイントのみレーザーを照射するので、肌への負担を避けることができます。数あるレーザーの中でも、炭酸ガスレーザーはいぼを除去する方法として最も効果があるとされています。炭酸ガスレーザーで治療を行うと、施術の当日から洗顔や入浴が可能なので便利です。液体窒素による治療は液体窒素を強く当てるとより効果を発揮できますが、その分痛みが強くなる傾向があるので適度に当てる強さを調節します。液体窒素でいぼを除去した部分は治療後に、水膨れになることもあります。しばらくすると、こうした箇所は元に戻るので心配する必要はないです。液体窒素による痛みは3日もすれば治まってきます。ウイルス性のいぼは自分で取ることもできますが、逆に増える場合もあります。病院の皮膚科で適切な治療を受けると、綺麗に取れます。いぼに悩む場合は、病院で治療を受けるのを第一に考える必要があります。再発を繰り返すと同じ病院に何度も通うので、病院選びは大切です。雰囲気が良くて治療技術が的確で、治療に関する説明も丁寧な病院を選ぶと治療が楽になります。