サイトメニュー

原因は様々である

看護師

状態に応じた治療法を探す

いぼにはウイルス性のものとウイルスに関係なくできるものがあり、ウイルス性のものであれば感染することはありません。ウイルスに関係ないものは老人性であることがほとんどで加齢現象のひとつです。多くの人にできるとはいえ、小さなものが数多くできるので、肌のざらつきが気になったり、ネックレスなどが引っ掛かって出血したりすることがあります。もしも、生活に不便がでるような状態になっているのであれば、切除することを検討してみましょう。ウイルス性のものはたくさんの種類があり、ウイルスの違いによっていぼの形状にも違いがありますが、共通しているのはウイルスにより感染が広がる恐れがある点です。他人に感染をさせてしまうこともありますし、自分自身の体に感染を広げてしまうこともあります。そのためできるだけ早く治療を開始しておくことが望ましいでしょう。尋常性疣贅と呼ばれるタイプのものがウイルス性のものでは最も多いとされており、手足によくできます。形がまるっぽくザラザラした手触りがあるのが特徴です。肌の色と同じものから肌よりも濃い褐色のものまで色は様々です。尋常性疣贅は若い世代の人にもできることがあるので、誰もがかかる可能性があると言えます。もしも気になるようであれば、早めに治療を検討してみましょう。早期であれば冷凍凝固法というポピュラーな方法で取り除くことができます。しかし、確実に治るというわけではないので、なんどか冷凍凝固法を繰り返して受けても良くならない時には別の治療法も試してみましょう。いつまでも効果のない治療を続けているうちに悪化させてしまわないように気をつける必要があります。いぼの治療を受ける時に最も大切なことは、病状に応じた治療法を選択すると言うことです。最も一般的な治療法である冷凍凝固法は多くのクリニックで導入されているので、すすめられる機会も多いでしょう。医師がすすめた治療が必ずしもベストだとは限らないので、何度か受けてみて期待するような効果がない時には、炭酸ガスレーザーを使った治療法などに変更をすることをおすすめします。いつまでも同じ治療を受けても良くなる可能性が高くなることは少なく、最初の数回で効果が見られないと、そのまま数年間も同じ治療を繰り返したという事例もあります。しかし、時間がたてばたつほど冷凍凝固法は効きにくくなることが多いので、そのまま1年以上経過してしまうと、ますます治りにくい状態になってしまう恐れがあります。もしも受診しているクリニックでは冷凍凝固法しか行えないという場合には、別のクリニックも受診してみましょう。医師が変わるだけで治療法が大きく変わることがあるので、いくつかのクリニックに同時にかかることは意味のあることです。いぼの状態を直接診ないとわからないことが多いので、別のクリニックを受診してみましょう。その後、どちらのクリニックを優先させて治療を受けるかを決めます。受診をするだけであれば、何か所でも構いませんが治療を受けるのは一か所にしておいたほうが安全です。もしも、別のクリニックの治療を受けたいと思った時には医師の承諾を得てクリニックを変えたほうが良いでしょう。同時に治療を受けると思わぬ事故につながることもあるので、必ず医師に話をしてから別の場所での治療を開始します。